CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
g a l a x y
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
PR

この切なさはどこから来るの?

史 上 最 強 の 5 人 組 “ 嵐 ” を 応 援 中 !
<< Bad Dream | main | 柴田淳「COVER 70's」 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    リモートコントローラー
    0
       私のリモコンはどこ。


      しゅーろん息詰まるお。
      生きづらい世の中にしたのは、私自身なのに。
      自信さえあれば、何言われても負けない。
      この間まで私は、鉄壁すぎて気持ち悪がられてたっていうのに。
      テスト勉強をしないでテストに臨むというのは
      こんなに気持ち悪くなることなのか。
      私はしたことないからわからなかった。

      いらいらして、研究室の机とイス蹴っ飛ばしてしまった。
      いつもそう。
      気持ちがおさまらない。
      楽しくなんてできるわけないでしょ?
      私はいつも、完璧じゃないと気が済まない。
      誰かに守ってもらわないと、自分の弱さが前面に露呈してつらい。
      私のいないところで、笑い者にされてるんだなぁ。
      それを知ったところで、私は何も変わらない。

      私はいつもそうだ。
      ダメな自分を知られたくない。見られたくない。
      頑張っているところも、何もかも、誰にも、知られたくない。
      都合が悪くなるとすぐ不機嫌になって
      うまくいかなくなるとすぐ泣く。大嫌い。こんな自分大嫌い。

      結局、プライドの高さといい子でいることで私は自分を保っていられた。
      優等生の仮面に支えられていたんだ。
      それで苦しむことよりも、不完全な自分をさらけだすことよりも幸せでいられたんだ。

      不完全なまま生まれた僕らは
      いつか完全なものとなるためになんて言いながら...

      ここまで来て、本当のところに気付く。
      私はもう、泣かないって決めたんだよ。強くなりたいって思ったのは、泣きたくなかったから。
      いつもポーカーフェイスで、感情をなくして、そこにいる。
      それだけでよかった。
      傷つかずにすんだ。
      仮面をかぶって、弱い自分は心の奥底にしまう。
      完璧でいたい。
      ほめられたいとか愛されたいとか承認されたいとか受け入れられたいとか
      余計なことは何一つ望まない。

      望まないから、

      私のままでいさせて。

      完璧な私を演じたままでいさせて。

      誰に愛されなくてもかまわないから、ここにいさせて。


      ずっと、いい子でいることで居場所をなくした自分を
      かわいそうな子だと思っていた。
      でも、そうじゃなかったんだ。
      私は、本当は弱いことを知っている。
      かっこ悪い自分を知られたくない。
      その欲求が勝って、私は強くなることに決めた。
      なるべく感情を殺して、いい子で居続けた。
      そうすれば、傷つかなくて済む。
      いい子でいることは、社会への甘えだったんだ。
      守られていた。大嫌いな大人に。
      それで居場所がないって叫んでみたところで
      結局は自分のせいなのかもしれない。

      泣きたくないから、私はいい子でいる。
      それがいちばんいい。
      仮面を外したところで、私は今より苦しくなるだけだった。
      じゃあもういっそこのままで。
      ありのままの私を、私が生きる。

      自分らしく進むということを教えてくれた大切な人が
      今日も笑えていますように。
      | 日常 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 17:11 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://bloom--815--16.jugem.jp/trackback/760
        トラックバック