CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
g a l a x y
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
PR

この切なさはどこから来るの?

史 上 最 強 の 5 人 組 “ 嵐 ” を 応 援 中 !
<< 勇気100%全国ツアー | main | 夏が来る >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    もう戻れないよ
    0
      JUMPが9人になった。

      嘘って言ってよ。信じられないよ。
      状況が飲みこめなくて、嫌なことだけがフラッシュバックして
      全然情報が整理できなかった。

      あたしはJUMPを好きになってから、ひとりひとりがすごく魅力的だってことに気付いて。
      涼ちゃんゴリプな痛いお姉さんなときもあったけど!
      でも、ひとりひとりのいいところを見つけるたび嬉しかった。
      これからの、みんなの成長を離れたとこから見守りたいって思ってた。
      あたしの義務も、夢も、まだ全然果たせてないよ、叶ってないよ。



      ずっと怖かった。
      こういう日が来ること。あの日から。
      10人は大丈夫って信じてココまで来たのに。
      これからが本当に楽しみだったの。返してよ。あたしたちの未来返してよ。
      ねぇ、君はどこにいるの?居場所、ある...?



      あたしはまだ、9人でいいなんて前向けない。
      許すとか擁護するとかそういう意味じゃなくて。
      一緒に過ごしてきた時間ごと、なかったことにしようとしてない?
      それはできないよ。重たすぎて。
      いつか慣れていくこともわかってるから、そんな簡単に飲みこめない。

      正直、バカだなーとしか思えなかった。何してんの、って。
      さっき、ピロキのときの日記を読み返した。
      先の未来もわからず、ただ、待っていた。
      あれから6年が経ったよ。
      ピロキにおかえり言いたくて待ってた日々は本当に長かったな…。
      でも今回は、本当に"もう戻れないよ"…どんなに懐かしく思っても。
      前例があるからバカなんだよ。ホントに。
      できるならあたしが殴りたいぐらいだぜ…。

      悔しいのはね、最年少のりゅうちゃんの成長を見守りたかったこと。
      JUMPの最終兵器だもん。これからどんどんカッコよくなる姿を見たかった。
      ピロキのときも、それが一番悔しかった。
      君はいくつ、大切なものを失くしたんだろう。


      ずっと心配なところはあったよ。
      やんちゃでワガママで生意気だってみんなに言われて(笑)
      でもそういうのもひっくるめて可愛い君のよさだったのに。
      ほんとは、JUMPにも、学校にも、家にも…居場所失くしてたんじゃないのかな。なんてな。
      誰のせいにもしたくないし、できないから"世の中"のせいになるんだ。
      これから、今までよりも重い運命を背負ってくんだね。
      自分がした事の重大さに気付くべき。もう十分子どもじゃないよ。

      思春期で、一番難しい年頃で、抱えているものが多くて。
      何かに逃げたくなったとしても、間違ったことはしちゃいけない。

      正直、あんなにかわいかったりゅうがこんな非行に走るようになるなんて…
      未だ信じられません。
      楽しく応援してきた時期にもそういう事してたって知って、多くのファンが悲しんでるよ。
      特にりゅうは、ギャップが激しすぎてみんな受け止められないんだよ。
      信じたくない気持ちはもちろんあるけど…
      反省したとしても、そういう過去を持ち合わせながら平然とJUMPの活動続けてた裏切り感は否めない。
      あたしたちは、何を見てたのかな。

      まさか、10人のステージがあれで最後になるとはなぁ。
      にゅーすのときも、TEPPENのリリース控えてて…って時期だったっけ。
      最近ホントに10人で踊るインパクトの大きさに気付き始めてたのに。
      ひとり欠ける重みを、9人と私たちは背負っていく。
      ひとりでいくつもの大切なものを失った現実に、君が向き合い始めた時から。


      カッコよく締めてみたけどさ。
      あたしはどんな形でもJUMPが存在し続ける限り応援していくよ。
      そこに涼ちゃんがいるなら!
      これからもっともっと大きなグループにしていこう!BIGになろうぜ!
      軽々しく嵐を超えていってください!!!
      It's OVER!!
      | JUNKY | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:57 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://bloom--815--16.jugem.jp/trackback/722
        トラックバック