CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
g a l a x y
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
PR

この切なさはどこから来るの?

史 上 最 強 の 5 人 組 “ 嵐 ” を 応 援 中 !
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    柴田淳「COVER 70's」
    0
      しばじゅんのカバーアルバム「COVER 70's」を購入。
      私は88年生まれなので、70年代なんてもちろんリアルタイムじゃないんだけど
      どの曲も聴いたことある曲ばかりで、でも古くなくて、新鮮で。
      カバーなのに、しばじゅんのオリジナルな世界観があふれていた。
      それが、すべて聴いてみた率直な感想です。

      どれも好きな曲で選べないくらい。。。
      しばじゅんの声にあっているもの、今まで歌ってきた歌に近いものもある。
      アルバムとしての構成もいい。
      バランスよく曲をそろえているだけじゃなくて
      一曲一曲にしばじゅんの込めた思いが伝わってくるような感じ。

      私は原曲をしっかり聴いたことがないので…(聴いてるのはユーミンぐらい)
      どれも初めて聴いた印象として書き残しておきます。

      M1.異邦人
      「異邦人」っていう表現の仕方にまず興味を持つ。
      そして誰もが惹かれるイントロの力強さ。
      そこにすんなりと入り込んでくるしばじゅんの声。
      オリジナルに聴こえるほどです。

      M2.みずいろの雨
      イントロから、わああ!好きだ!って思いました。
      高い音で掠れずに、細い糸のように響くしばじゅんの声が綺麗。
      原曲を聴いてみたいです。

      M3.迷い道
      聴いたことある!って思ったけれど、しばじゅんの曲で聴くと
      まったく違う、新しい曲に聴こえる不思議。
      70年代を生きていないのに、なぜか懐かしさを感じるところもある。
      ちょっと「まちぶせ」を思い出したのは、「待つ女」を描いているからだろうか。

      M4.あなた
      ピアノの音色が優しくて、声を包み込むようなところがすてき。子守唄みたい。
      アレンジひとつで、曲ってこんなに変わるものなんだ。
      「好き」とか「会いたい」とかそんなフレーズは一切出てこないのに
      とてもとても好きな人を想っているということがわかる。
      70年代に生まれてみたかった。

      M5.木綿のハンカチーフ
      この曲は、しばじゅんの声が他のどの曲よりもかわいい。
      アルバムの中で、少女のような世界観を出している曲。

      M6.飛んでイスタンブール
      いつかしばじゅんはこういう曲を書くんじゃないか?って
      そんな期待を抱かせるぐらい、曲調が彼女にあってる。

      M7.青春の影
      最初から最後まで、繊細な歌い方がいい。
      間奏のストリングスが効いてる。
      「それでも来た道」を聴きたくなるなぁ。

      M8.秋桜
      歌詞をちゃんと読んだのが初めてだった。
      嫁ぐ前の決意というか…そういう内容だって知らなかった。
      私はまだまだ嫁に行くかなんてわからないけれど
      こんな気持ちになるのかな、と想像しながら聴いていました。
      全体的に漂う悲壮感にはどんな意味があるんだろう…
      時代なのか、創る人や歌う人の個性なのか、ストーリー性なのか…
      百恵さんのCD、お父さん持ってたな。
      もっとこの曲の世界を知りたい。

      M9.東京
      歌詞を読んだ時、私のTOKYO COMPLEXと少し一致した。
      東京は憧れの場所で、夢と希望と未来があって…
      そこで生きたいと願っていた。
      しばじゅんの少し気だるい声が、ギターの音と単調なリズムとマッチして
      飽きないどころか、引き込まれてしまう。
      この時代から、東京の場所性は変わっていないんだな。みんなの憧れの場所。
      私はこれから何度も、この曲に思いをはせることになりそうだ。

      M10.スカイレストラン
      JAZZ!!!イントロから大人の夜の世界って感じでたまりません。
      本当にバラエティに富んだアルバムだなっていうのを一番感じさせるのがこの曲。
      ただ、ヒット曲を集めたとかそういうコンセプトではないんだよね。
      歌詞の切なさがが聴いてて苦しくなる。
      「片想い」とか「隣の部屋」を思い出すような、哀しい女の姿。

      M11.22才の別れ
      これも「嫁ぐ」というフレーズが出てくる。
      嫁ぐ前に、過去を振り返り、別れを告げる…。
      70年代ってどういう時代だったんだろう。すごく興味がある。
      お父さんはフォーク好きでよく聴いてるし、まさにその時代を生きてるから
      ちょっと聞いてみようかな。
      今よりもきっと初婚年齢も低かったはずだし、「嫁ぐ」っていうのは
      人生の大きな節目として…幸せだけではなく悲しみも含めた…
      ひとつの区切りだったんでしょうね。22才…私はまだ子どもでした。

      M12.MR.サマータイム
      スカイレストラン同様に、適度なジャズ感がいい。
      サーカスって知ってるなぁ。ハーモニーが綺麗だった。
      そのハーモニーをひとりで歌いあげるわけだから
      実は難しい曲だったのかもしれない。
      でも、曲に飲みこまれてることもなく、余韻が残る。

      M.13卒業写真
      ピアノのアレンジに躍動感があって、羽毛田さん!って感じがします。
      遊び心があるというか。
      切なさだけじゃなく、それを乗り越えて今があるんだよっていう現実を
      ピアノの音から感じる。
      過去にとらわれているような曲が多いアルバムの中で、この「卒業写真」は
      ポジティブで前向きな気持ちを歌っているんだなと感じることができる。
      最高の〆だと思います。



      ずっと聴いていられる。
      音にじっくり耳を傾けて、歌詞の意味を考えて。
      時代背景に思いを巡らせて…。
      懐メロっていいなぁ。

      私は自分が聴いて育ってきた曲っていうと90年代後半の曲で。
      今でも聴くとテンションが上がるものばかり。
      じっくり聴くタイプの曲は少ないかもしれないけど
      想い出のかけらとして昔の曲を集めたいな。
      そして持ち歩きたい。
      私を育ててくれた音楽は、大事な、大事なお守り。
      | 音楽 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      Mya
      0
         Christina Millianが好きで、久々に聴いたらやっぱりいいなって思った。
        そこで!同じような曲調、声のアーティストを探していたらMya(マイア)に出会いました。
        つべでいろんな曲を聴いて、いちばんいいなと思ったのがコレ。



        今日CDを借りに行ったら、この曲が入ってるアルバムがレンタルされてなかった…
        古いからかな。残念…orz
        そのかわり、「K.I.S.S」(2011)と「Sugar&Spice」(2008)を借りてきた。
        ずっと聴いていられそうな、飽きないリズムとセクシーな声がどんぴしゃです。
        2年前は、ひたすらP!NK姉さんを聴きながら論文を書いてたなぁ。
        今年のお供はどの曲になるのだろうか。

        それと、久々にBEPも借りた!
        「The Beginning」と「The E.N.D.」
        誰が好き?って聞かれて、とりあえずBEPって答えてるんだよね。
        ElephunkもMonkey Businessも大好きだし。
        まだじっくり聴いてないのでこれから!

        CD収集にこだわらなければ、レンタルで世界を広げるほうがいいのかもなぁ。
        最近、とにかく自分の持ち物を減らしたくて。
        ヲタクだからとりあえず収集してしまう癖をなんとかしたい。
        いらないものはすぐに捨てられるようになりたいです。
        同時に、いいものは大切にしていく。
        シンプルに生きたいんだよ。

        中高生のころはごちゃごちゃした雑貨屋さんのような部屋に憧れてたけど
        今は真っ白で生活感のないような部屋に憧れる。
        めったに誰も来ないから、何も気にしていない部屋の中だけど
        もっとすっきりさせたい。
        思い出は閉じ込めて。そっと、青春の小箱に閉じ込めて。
        | 音楽 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        青い栞
        0
           去年の夏は自分にとって大きな挑戦があり、もやもやを抱えてひとりぼっち。
          誰にも会いたくない日々の中を生きてた。
          マスカッツと、モテキのOP&ED(フジファブリック・夜明けのBEAT/Half-Life・J-POP)を散々聴いてたっけ。
          今年はひょんなことからハマったアニメ「あの花」のOP曲、Galileo Galileiの「青い栞」が夏の思い出の一曲になりそう。

          (なぜか埋め込みができない…)

          イントロからねーもういいんだよねー
          あの花の、透き通るようなみずみずしい世界観ってゆーの?
          あと、どこかノスタルジックな感じも。
          ほどよく伝わってくるんです。
          OPの短い時間でも十分なんだけど、フルで聴くとまたよいね。
          大切に聴きたい曲です。


          今日は結局ふつーの日曜日過ごしちゃったな。
          明日で春学期もおしまい。
          いざッ、夏休み!挑戦の日々。
          | 音楽 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ONCE IN A BLUE MOON
          0

            今日はいい天気だった。
            とはいえ起きたのは昼。やっぱり起きれない。用事がないと。
            気合が足りないんだなぁ。しっかりしよう。思うことが大事!

            twitterで、今日は「ブルームーン」が見られる日!というようなことをつぶやいたら
            フォロワーの多い友人がRTしてくれた!
            なんだか嬉しいね。どきどきします。えへへ。
            その、ブルームーンが見られるという情報は、from NSTスーパーニュース(笑)
            まじで〜?と思い、カーテンを開けてみたらおっきなまるーい月が出てて…
            15th Moonにびっくり!!してつぶやいたわけだ。
            みんなが同じ月を見てるって…気にしないからあれだけど、気にしてみると不思議なことだね。
            大きくて偉大で手の届かない神秘なのだと。

            月をテーマにしている曲、ブルームーンで真っ先に思い出したのが
            ドラマ「WITH LOVE」のサントラ…?イメージアルバムっていうのかな?
            『ONCE IN A BLUE MOON』っていうピアノの曲。
            竹ノ内くんと田中美里が出ていたドラマ。メールのやり取りの話…だったような。
            10年くらい前なのかなぁ。すごく好きだったんだよね。
            ドラマを知らなくても、心に響く曲です。
            雨の日に似合うかも。あ、それじゃ月が見れない?(笑)
            確か、田中美里のHNがてるてる坊主だったんだよね。懐かしいなぁ。
            なぜか家にこのCDがあって、懐かしくてiTunesに入れた♪
            竹ノ内くんは変わらずカッコいいなぁ…90年代のドラマは神だった。
            もう少し早く生まれたかった…。って思うくらいにね。
            久しぶりに聴いても、癒される優しい音です。

            明日も晴れるといいな。
            好きな人を待たせているのだから、少しは勇敢にならなきゃだめなのに。
            自分から遠ざけておいて、寂しくなってる馬鹿はこの私。
            その手を掴んでもいいのだろうか?
            踏み出していいかな。誰か背中を押して。

            | 音楽 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ありあまる富
            0
              P1000890.jpg

              椎名林檎「ありあまる富」
              嵐「Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜 / 明日の記憶」

              買ってきました。
              嵐の通常盤に"U-12向け(だっけ?)"みたいな変な文句付きのステッカーがついてたけど…あんな特典ありました?笑
              まぁ、今回は初回の2枚onlyだから関係ないけどw
              U-12て何だwwwわけわかんねw
              小さい子も買いやすいようにってことかな。

              まだ嵐は開けてなくて、林檎ちゃんだけエンドレスで聴いてる♪
              素敵ですね。この短い言葉のなかにいろんな意味が含まれてるんだって思うと深い。
              c/wのSGは詞が尖っていて、あたしの好きなnegativeさだな。
              "どっちかと云えば 不幸せな方がいい"とかね。

              そのあと、林檎ちゃんが表紙の「Switch」をサラっと立ち読みしてきた。
              そこで、今まで気付かなかった林檎ちゃんのお遊びというか芸術?を初めて知ったw
              それは、アルバム曲の並び方。

              来月発売のアルバム『三文ゴシップ』
              1. 流行
              2. 労働者
              3. 密偵物語
              4. 0地点から
              5. カリソメ乙女
              6. 都合の好い身体
              7. 旬
              8. 二人ぼっち時間
              9. マヤカシ優男
              10. 尖った手口
              11. 色恋沙汰
              12. 凡才肌
              13. 余興
              14. 丸の内サテ゛ィスティック(EXPO Ver.)

              14曲目はボーナスだから、それを除いた13曲。
              7曲目を境に、綺麗な"シンメトリー"ができている。
              文字数、という意味でね。
              慌てて過去のアルバムを探ってみたら、ほとんどそうでした。
              無罪以外の、勝訴・カルキ・教育・大人・娯楽…全部そう。
              これってきっと有名だった事実だよね。なんで知らなかったんだろー…恥ずかし!
              とにかく、SG楽しみにしてます(´∀`*)
              | 音楽 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |